karariについて

 

環境教育を媒介/手法として、彩り豊かな生き方/暮らし方をするためのお手伝いをさせていただくところです。

 


「環境教育」という言葉からは、環境問題などを解決するための自然環境や社会環境に関する教育(学習)というイメージが一般的であり、狭義ではそのような意味で使われています。しかし、「人間も地球に生きる多様な生物の一種であるという認識に立ち,環境について自然や地理・歴史などの総合的な学習を行うこと(大辞林)」のように、「総合的に」かつ「生き物としての人間」をふまえると、日々の暮らしに関わる身のまわりの環境はもちろんながら、もっと言及すると、ひとの心の内側など、いわゆる精神面での内的環境も、環境教育が扱うフィールドの一つと言えます。

テクニカルな環境教育ではなく、ただその人がより良く生きるため、より良く暮らすためには、何をどうすれば良いのか、一緒になって考え、悩み、喜び、苦しみ、楽しみ、一緒になってそれらを味わい、噛み締め、そうして新しい一歩を踏み出すきっかけを提供できることを目指します。

 

 

Comments are closed.